三菱鉛筆、計画植林された木材使用ボールペン「woodnote」

キャップ式ゲルインクボールペン「woodnote」(ウッドノート)

8月31日、三菱鉛筆株式会社は、計画植林された鉛筆用木材を軸素材にしたキャップ式ゲルインクボールペン「woodnote」(ウッドノート)を発表。9月16日より発売する。価格は280円。

「woodnote」は、鉛筆のイメージを踏襲しつつ、ナチュラル雑貨のテイストを取り入れたスタイリッシュなデザインのキャップ式ゲルインクボールペン。商品名は、軸に鉛筆用木材を用い、“木でメモをとる”ということを意味し、軸に鉛筆用木材を使用していることから名付けたという。

また、同社の選べるボールペン「スタイルフィット」のリフィルを採用。スプリングチップ機構によりインク漏れを防止し、丈夫な砲弾型のペン先でしっかりした書き味を実現した。インクはブラックとブルー、グリーン、ライムグリーン、ライトブルー、ベビーピンク、オレンジ、レッドの全8色。

計画植林された鉛筆用木材を軸素材に採用

同社では、ナチュラル派志向のライフスタイルに合う筆記具として、鉛筆用木材を軸素材にしたという。初年度販売目標は約1.4億円を見込こんでいる。

■三菱鉛筆
http://www.mpuni.co.jp/
■ニュースリリース
http://www.mpuni.co.jp/newsrelease/2011/1314764227.html
楽天で価格を調べる
Amazon.co.jpで価格を調べる
 

(2011年8月31日)