プラチナ万年筆、1年以上筆記せずともすぐ書ける新キャップ搭載の万年筆

#3776 センチュリー(上)、#3776 本栖(下)

6月28日、プラチナ萬年筆株式会社は、万年筆の最大の弱点である長期放置によるインク詰まりを解消するキャップ「スリップシール機構」(特許出願済)を新たに開発。33年ぶりにフルモデルチェンジする看板ブランド「#3776」に新キャップを搭載し9月1日より販売開始する。

特許出願済の「スリップシール機構」

この機構により、インクの水分蒸発を限りなく抑えられ、キャップをしっかり閉じるだけで、1年間以上メンテナンスなしに、常に新鮮なインクの状態で筆記できるという。

また、同社ベンチャー子会社「中屋万年筆」の所有する約3万件の万年筆筆記データの協力により本来万年筆が持つ「書き味」「スムーズなインクの流れ」「心地よい筆記バランス」等を追求し、書き味を左右するインクの出る量をペンポイント(超極細、極細、細字、中字、細軟、太字、極太)ごとに設計を見直しているという。

ラインナップは「#3776 センチュリー」(型番:PNB-10000)が1万500円、発売記念特製限定生産2011本シリアルナンバー付モデルの「#3776 本栖」が1万5750円となっている。

「#3776 センチュリー」

2011本限定生産の「#3776 本栖」

■プラチナ萬年筆
http://www.platinum-pen.co.jp/
■製品情報
http://www.platinum-pen.co.jp/fountainpen_century.html
http://www.platinum-pen.co.jp/new_fountainpen_motosu.html
■ニュースリリース
http://www.platinum-pen.co.jp/press_230628.html
楽天で価格を調べる
Amazon.co.jpで価格を調べる

(2011年6月28日)