三菱鉛筆、どんな向きでも書ける加圧ボールペン「パワータンク」に人気の0.5mmを追加

「パワータンク スタンダード」

1月18日、三菱鉛筆株式会社は、インクを常に圧縮空気で押し出すことで、無意識に上向き筆記をしてしまう屋外や立ち仕事時の筆記シーンなど過酷な環境でも書ける加圧ボールペン「パワータンク スタンダード」「パワータンク スマートシリーズ」を発表。1月27日から販売開始する。価格は210円。

加圧ボールペンの仕組み

「パワータンク」は、独自のインク加圧技術を活かした油性ボールペンとして2001年1月に発売。雨や雪、氷点下など、屋外での過酷な環境でも書けるという特長により、日本だけでなく海外にでも、高い評価を獲得したという。

机がないところで筆記すると、何気ないうちにペン先を水平より上に傾けて筆記してしまい、「上向き筆記」となってしまうことがある。普通のボールペンで上向き筆記をした場合、ペン先より空気を巻き込んでしまいインクが出なくなる原因となるが「パワータンク」はインクを常に圧縮空気で押し出すことで、書き続けることができる。

従来は0.7mmと1.0mmという2種類の字幅でしたが、近年の極細字ニーズにより今回新たに「パワータンク極細0.5mm」を追加。普通のボールペンでは書き続けられない上向きや氷点下での筆記など加圧ボールペンの優れた特長はそのままに、「細く濃い」描線を実現したという。

「パワータンク スマートシリーズ」

ラインナップには、ラバーグリップ付きの軸で男性を中心に建設現場など屋外での仕事に最適な「パワータンク スタンダード」と、カラフルな軸で女性を中心に店頭など立ち仕事に最適な「パワータンク スマートシリーズ」の2タイプを用意する。

■三菱鉛筆
http://www.mpuni.co.jp/
■製品情報
http://www.mpuni.co.jp/product/category/ball_pen/power_tank_smart/index.html
■ニュースリリース
http://www.mpuni.co.jp/newsrelease/2011/1295315192.html
楽天で価格を調べる
Amazon.co.jpで価格を調べる

(2011年1月18日)